The Life of HOKUSAI

“The Life of HOKUSAI” is producing a completely new art experience entertainment which has merged live performance and art exhibition with the theme of “Katsushika Hokusai”.

世界が認めた画家「葛飾北斎」

日本が世界に誇る天才絵師、葛飾北斎。代表作の神奈川沖浪裏は海外では「The Great Wave」と呼ばれ、ダ・ヴィンチのモナリザに匹敵する知名度があると言われています。また、彼は米国「LIFE」誌が選出した「この1000年で最も重要な100人」に、エジソン、アインシュタインらと肩を並べて日本人でたった一人選出されました。

又、近年では彼自身の生涯を描いた書籍の出版、更にドラマ化や映画化等も発表されており、世界でも注目を集めています。私たちは画狂人「北斎」を題材とした、ライブパフォーマンスと最新鋭のデジタルプロジェクションライブを融合した全く新しい舞台芸術作品を企画致しました。
今回は新型コロナウイルス感染症への対策を講じて、この舞台芸術作品を特別バージョンに再構成し、映像作品化して 世界へ向けて発信することと致しました。今まで知られていなかった「北斎」の生涯とその作品の感動をお届けいたします。

葛飾北斎とは

日本を代表する浮世絵師であると同時に、世界で最もその名を知られた日本人、葛飾北斎(かつしかほくさい)。浮世絵師としては富士山を題材にした風景画シリーズ『冨嶽三十六景』が有名。北斎亡き後、その名はヨーロッパに広まり、その斬新な作品はゴッホやモネ、ドガといった印象派の画家を驚かせ、19世紀に欧米を席巻した “ジャポニスム” に 影響を 与えた。また、著名な建築家、フランク・ロイドライトも北斎に影響を受けたとして知られている。北斎は日本よりもむしろ世界で高い評価を受けている画家である。

舞台制作スタッフ

エグゼクティブ プロデューサー 杉本 伸

プロデューサー 坂 紀史

構成・演出・振付

The Life of HOKUSAI

Performing arts program commemorates the 260th birth anniversary of HOKUSAI

サカクラカツミ

1963年生まれ。名古屋市出身。日本の伝統文化が持つ特異な「動き、リズム、精神性」を総合芸術として表現するアーティスト。世界で初めて映像とパフォーマンスをシンクロさせた「プロジェクションライブ」を発案し、オリジネーターとして海外でも高い評価を得ている。現在世界41ヵ国から招聘されパフォーマンスを行い21ヵ国のTV番組に出演。

ラグビーW杯2019日本大会の開会式やクアラルンプールにて行われたIOC国際オリンピック委員会総会の開会式など世界規模のイベントにてパフォーマンスを務める。また「What is real Japanese COOL?」と題し講演会を国内外(東京大学、モスクワ大学、ロンドンSOAS大学、青山学院大学、名古屋学院大学、他)にて行い、TEDxTokyoにも登壇、日本の素晴らしさを世界に伝える活動を行っている。

出演
サカクラカツミ(パフォーマー)
加藤 花鈴(舞踊家)
鎌田 薫水(薩摩琵琶奏者)
小林 太郎(和太鼓奏者)
TiA(ゴスペルシンガー)

特別出演 吉田兄弟(津軽三味線奏者)

キャラクターデザイン 岡崎能士

音楽 福廣 秀一朗

美術・衣裳 KIRIE

振付補 加藤花鈴

CG製作 Animation Cafe

舞台監督 下重卓哉

音響 吉村卓宏

照明 中村嘉雄

制作 大谷一路輝

題字協力 美帆(書家)

音楽協力 Waccha

スチール撮影 金坂亮輔、平林克己

素材協力
坂井英治(株式会社版三)
小林三左衛門覚(女体書道家)

スーパーバイザー 浦上満(浦上蒼穹堂)

技術協力 パナソニック株式会社

協賛 株式会社Zion

企画・製作 株式会社グローバルビジネスラボ

映像制作スタッフ

エグゼクティブ プロデューサー 杉本 伸

プロデューサー Jeong Yeongsu

監督 清水健斗

助監督 Atanas Ibba Mantchorov

カメラマン 辻 健司

プロダクションマネージャー 城丘賢治

整音・効果 村田 桃子

舞台映像収録 未定

舞台映像配信 株式会社グローバルビジネスラボ

宣伝・PR Rim Entertainment, Inc.

映画製作 Rim Entertainment, Inc.

企画・製作 株式会社グローバルビジネスラボ